『弓』
心を伝える歌の木を植える

2016年3月11日。いよいよ13曲最後のレコーディング。
スタジオにはそうそうたるプレーヤーが勢ぞろいして若草先生(編曲家の若草 恵先生)が操るタクトに合わせて曲を奏でていた。作詞・作曲の美樹克彦先生、この曲を歌う小松みどりさんは、徐々に音が出来上がっていくのをじっと聴き入っていた。
「弓の引きしぼった弦の緊張感をバイオリンソロで表現した」という若草サウンドは、周りを幻想的な世界へと誘った。小松さんはこの幻想的なアレンジをバックに、この歌をどう表現していこうかと考えていたのだろう。
この作品は不思議な世界を次々と移り変えていく「回り舞台」のような雰囲気を醸し出していた。作詞、作曲、編曲、レコーディングエンジニア全てのスタッフの弦がピンと張った緊張感のある、もの作りの現場でもあった。

小松みどりソニーミュージック

小松さんにとって「新境地」だと言うこの作品、それでいて実に楽曲に彼女の声が馴染む。「刺さったままで重なるように落ちてゆく」少しずつ彼女の顔が泣き顔になってくるのがモニタ画面を通して覗えた。何テイク目かが終わった時、「歌に入ってきたね!」と言って、美樹先生のアドバイスがさらに細かく熱くなってきた。

「しなる弓・放つ弓・きしむ弓」と彼が弓に例えた「人間の心の中に潜む”善”・”悪”・”愛憎”」といったものを、彼女は一つ一つまるで自分の人生の中から引っ張り出すように「女の情念」として表現した。

小松みどりレコーディング

「小松さん、魂を揺さぶり心震るえる歌が出来ましたね」と若草さん。
「この曲はいいですね」と田勢さん。

「心を伝える歌」の最後を飾るのに相応しいレコーディングであった。

2016年3月11日 ソニー・ミュージックスタジオ

レコーディング映像

試聴

 


作詞・作曲:美樹克彦/編曲:若草 恵/歌唱:小松みどり

LINEで送る